家で絶対にやってはいけないエアコン掃除の仕方と自分で清掃する方法を紹介

季節の変わり目に久しぶりにエアコンを使ってみたら臭いが気になり、カバーを開けてみたらホコリだらけなんてことはよくあることでしょう。

また年末の大掃除で、エアコンを自分で掃除する家庭も多いのではないでしょうか。

定期的な清掃はエアコンの稼働効率もよくなるためおすすめなのですが、エアコンを自分で掃除する際に絶対やってはいけない注意点があります。

無理に掃除すると故障や怪我の原因となるため、正しい清掃方法を確認しておきましょう。

家で絶対にやってはいけないエアコン掃除の仕方

手にNO

自分で自宅のエアコンを掃除する場合に、絶対やってはいけないことを紹介します。

    • ファンの汚れを無理に取り除く
    • 市販スプレーでのアルミフィンを掃除する
    • 自分でエアコンを分解する
    • 電源を切らずに清掃する

最近では、エアコン掃除のやり方をレクチャーしている動画や情報がたくさんあるため、自分で行おうとする人も少なくありません。無理にエアコン掃除を行うと、事故や故障につながるケースもあるため、安易にエアコン掃除をしないよう注意しましょう。それぞれ詳しく解説します。

ファンの汚れを無理に取り除く

エアコンの吹き出しは外からでも汚れが見えるため、気になる場所の一つでしょう。ホコリやカビなど目に見えると取り除きたくなるものです。

汚れている部分は細かいので、綿棒や歯ブラシといった道具を使って掃除しようとする人が多いのではないでしょうか。ある程度取り除くことはできますが、完全に取り除くことは不可能に近いです。

多少でもきれいになるのであればOK……というわけにはいかないのです。

確かに汚れは減りますが、綿棒やブラシで刺激を受けたことによってホコリが剥がれやすくなり、エアコン稼働時に取り除ききれなかった汚れが部屋中を舞うことになります。

ハウスダストやアレルギーの原因となる可能性もゼロではなく、清掃したつもりが本末転倒となってしまっては、意味がありません。

ファンのように細かい汚れが無数にこびりついている場合は、業者に依頼した方が無難でしょう。

市販スプレーでアルミフィンを掃除する

エアコン用の市販のスプレーが売られていますが、とくにフィルターの奥のアルミフィンの清掃はリスクが伴うため、家庭で清掃しない方がいいでしょう。

市販のスプレーで掃除した場合、アルミフィンに直接洗剤スプレーを吹きかける仕様になっています。

確かに一見きれいになりエアコンの嫌な臭いも取れるでしょう。

しかしその汚れを含んだ洗剤は、排水管にながれて行きます。排水管なら問題ないと考えがちですが、それがただの汚水ではなく、ホコリやゴミなどの塊と混ざった洗剤は詰まりの原因となりえます。

排水管が詰まり排水できないと水漏れや最悪の場合はショートし発火する可能性さえあるのです。

市販の洗剤を使うのであれば、表面やファイルターまでにしておき、エアコン内部への使用は控えた方が安全です。

自分でエアコンを分解する

エアコンの内部の汚れも自分で掃除しようと、エアコンを分解する人がいます。エアコンの分解方法などオンラインで情報が飛び交っているため、ハードルが下がっているのかもしれません。

しかし、エアコンの仕様はメーカーや機種ごとに異なるため、全く同じ機種でなければ分解するのは難しいでしょう。また情報の提供者が正しい確証もないため、故障の原因になりかねません。

分解してみたものの、元に戻せないケースもよくあるため、自分で分解することは避けた方が賢明でしょう。

電源を切らずに清掃する

エアコンの掃除を行うときは必ず、電源を切りコンセントを抜きましょう。

内部のルーバー部分を掃除したいがために、電源を切らずに掃除してしまうケースがあります。

エアコンを稼働するとルーバーの羽が開き、中の汚れが見えますが、エアコンを切るとルーバーが閉じてしまうため汚れを取り除けないからです。

しかし電源を切らずに掃除することで、感電のリスクもありえます。また動いている羽にブラシなどを突っ込んで掃除することで、ブラシがあたり羽が折れてしまったり曲がってしまったりすることもあります。

電化製品を掃除するときは、エアコンに限らず必ず電源を切り、コンセントを抜いた状態で行いましょう。

自分でできるエアコン掃除の仕方

自分でできるエアコン掃除の仕方

ここまでは絶対に行なってはいけないエアコンの掃除方法を紹介しました。

ではエアコンは自分で掃除できないのかというと、最低限の清掃は行なった方がエアコンの効きも良くなり、長持ちするでしょう。

ここでは、自分でできるエアコンの掃除方法をいくつか紹介します。

    • エアコンの表面
    • エアコンのフィルター
    • 吹き出し口周辺(ルーバー内部)

上記、3つの部位は自分でも簡単に掃除できるでしょう。それぞれの方法を説明します。

エアコンの表面

エアコンの表面は、油汚れやホコリが主な汚れです。まずは硬く絞った雑巾でやさしく拭き取ります。油汚れなど、頑固な汚れに対しては部分的に洗剤を活用しましょう。油汚れは酸性汚れなので、アルカリ性の洗剤で中和させることで落としやすくなります。

エアコンのフィルター

エアコンのフィルターはホコリが溜まりやすく、エアコンの効き目にも影響しやすい部分なので、できる範囲で掃除しましょう。

2~4週間に1度の頻度が目安です。

エアコンのフィルターは以下の手順で清掃してください。

【エアコンフィルターの掃除方法】

  1. フィルターを取り外す
  2. 外側から掃除機で大きなホコリを取り除く
  3. 水洗いをする
  4. しっかり乾拭きをして乾かす
  5. フィルターをエアコンにセットする

吹き出し口周辺(ルーバー内部)

吹き出し口の汚れが最も目につきやすく、気になる部分ではないでしょうか。

ここではルーバーを取り外して、吹き出し口周辺を掃除する手順を紹介します。

【吹き出し口周辺の掃除方法】

  1. 電源を切り、コンセントを抜く(重要)
  2. ルーバーをゆっくり開く
  3. 水拭きもしくはお湯拭きする

無理に手や道具を入れて、羽を破損しないように十分気をつけてください。

完全に汚れを取り除くことはできませんが、日頃の定期的なケアとして行うといいでしょう。

奥の汚れまで完全にきれいにしたい場合には、プロの業者に依頼することを検討してみてください。

お電話問い合わせページへ飛ぶボタン
WEB上でのお問い合わせページへ飛ぶボタン

ハートクリーニングのエアコン清掃サービスはこちら