エアコン掃除は月に何回?最適な頻度とは?

エアコンは自宅での定期的なお手入れが欠かせません。でも、頻度や掃除方法が分からない、掃除機能付きエアコンだから定期的なお手入れは必要ないのでは、という声が聞こえてきます。

掃除の頻度によってエアコンの効きが良くなり、電気代が安くなるほか、本体の寿命が長くなる効果がもられます。定期的なお手入れでエアコンが長持ちするなら面倒くさくても掃除した方がお得ですよね。

今回はエアコン掃除の頻度と簡単なお手入れ方法を紹介します。

お電話問い合わせページへ飛ぶボタン
WEB上でのお問い合わせページへ飛ぶボタン

エアコン掃除の頻度は説明書で確認しよう

エアコン説明書

自分でできるエアコン掃除の代表といえば、フィルター掃除です。エアコン掃除の頻度はまず、取扱説明書を確認することから始めましょう。ほとんどのメーカーは2週間に1回、もしくは月2回の間隔エアコン掃除することを推奨しています。

 実は、エアコン掃除の頻度は環境省がおすすめしているものです。環境省によると、フィルターの目詰まりを解消すると冷房時で約4%暖房時で約6%消費電力の削減につながるとしています。

また、経済産業省の省エネポータルサイト「無駄のない省エネ節約」では、フィルターが目詰りしているエアコンと掃除したものを比較しています。年間で電気31.95kWhの省エネ、原油換算は8.05L、CO2削減量が15.6kg、年間で約860円の節約になる試算なのです。 

家庭で使う電気の約4割は冷蔵庫や照明、テレビ、エアコンの4つに使われています。

消費電力量の多いエアコンを定期的に掃除することは省エネ効果を高め、さらにはSDGsに貢献することにもつながります。

ホコリがたまった状態を放置しておくと、健康被害をもたらします。エアコン内部でカビが発生し、風と一緒にカビが部屋中に巻き散らすため、鼻水やくしゃみが止まらなくなったりします。

さらにカビを吸い込むと、ぜんそく持ちの人は症状が悪化するおそれがあります。

2週間に1回エアコン掃除することを習慣にしましょう。

ところで、最近使う人が増えている「お掃除機能付きエアコン」のお手入れについてです。お掃除機能付きエアコンには、フィルターの自動洗浄機能が付いていて原則、定期的なエアコン掃除をする必要ありません。しかし、自動洗浄機能が汚れを落としてくれるのはフィルター部分までということを認識しておきましょう。

エアコンの内部すみずみに至るまですっきりしたい場合は、専門のクリーニング業者にお願いするのがベストな選択です。

エアコン掃除の頻度は設置箇所や使う頻度で変わる

主婦がエアコンをつける

エアコン掃除の定期的な頻度は、設置場所使用時間によって変わります。

以下の場合は、週1回エアコン掃除を行うのをおすすめします。

・キッチンの近くに設置している
・タバコを吸う人がいる
・小さな子供やお年寄りがいる
・ペットを飼っている

キッチンの近くにエアコンを設置していると、料理で発生する油煙を吸い込んでしまうため、汚れやすくなります。油汚れが付着するだけでなく、油が接着剤の役割をしてホコリまで吸い寄せてしまうのです。

たばこを吸う人がいる場合は、たばこのヤニがエアコン内部に付着して、汚れや悪臭の原因となります。

小さな子どもがいる、ぜんそく持ちやアレルギー体質の家族がいる、免疫力が低下したお年寄りがいる場合も、健康を考慮して週1回のエアコン掃除を心がけましょう。

例えば、日中は外出していて朝夜の数時間だけ使用する家庭と、リモートワークで一日中家にいる家庭ではエアコン掃除の頻度も異なります。エアコンをつけている時間が長くなると汚れもたまりやすくなるため、週1回のエアコン掃除を意識的に行いましょう。

ペットを飼っている場合、年中エアコンをつけっぱなしにしていることもあるでしょう。ペットの毛やダニによって、エアコンのフィルターが目詰まりを起こさないためにも、週1回のエアコン掃除を心がけてください。

逆に1日数時間程度しかエアコンを使わない場合は、月1回のベースでも大丈夫です。

エアコン掃除の時期について知りたい方は以下のコラムをお読みください。

関連記事

暑い夏や寒い冬に、室内を適温に保ってくれるエアコンは欠かせないですよね?エアコンの使用頻度が多くなるほど、エアコンの内部は汚れていきます。汚れを放置しているとエアコンの寿命を縮めてしまったりエアコンから出る風が人体に悪影響を及ぼしたりす[…]

女性がエアコンクリーニング

フィルター掃除は簡単にできるのでこまめに掃除しよう

エアコンフィルター

一般的な壁掛けエアコンを自分で掃除できる範囲は、フィルターと外から見える部分だけです。フィルターは外して掃除機で汚れを吸い取った後、シャワーで洗い流すのがおすすめです。

原則2週間1回、汚れがひどい場合や使用頻度が多い場合は週1回掃除しましょう。

季節によって完全に乾くまでの時間は異なりますが、掃除機で吸い取り、洗うだけなら10分程度です。

フィルター掃除の手順

  1. マスクや手袋をしてフィルターを外す
  2. 新聞紙の上にフィルターの表側を置き、掃除機で吸い取る
  3. フィルターを裏にして、掃除機で吸い取る
  4. 歯ブラシでフィルターの裏側をこすりながらシャワーで洗い流す
  5. 汚れがひどい場合は、台所用中性洗剤か重曹を使い、歯ブラシでこすり洗いをする
  6. 洗剤が残らないよう、入念に水洗いする
  7. タオルで軽く水を拭き取り、良く乾かす
  8. フィルタ―が完全に乾いたらエアコンに取り付ける

掃除機でホコリを吸い取るとき表→裏の順水洗いするとき裏→表の順効果的です。エアコンは裏から表に空気が流れるため、汚れも裏から表に流れるように付着しています。流れに沿って、掃除機で吸い取るとスムーズに汚れを落とせます。

水洗いのときに使用する歯ブラシは、フィルターの目に付いたホコリをかきだすようにするのがポイントです。

キッチン近くにあるエアコンの場合、フィルターに油が付着しているため、水洗いでは汚れが落ちないことがあります。台所用の中性洗剤、もしくは重曹を使ってこすり洗いしましょう。ゴシゴシこすりすぎないようにご注意ください。

フィルターが湿ったままだとエアコンの内部にカビが発生することもあるため、十分によく乾かしましょう。

吹き出し口や風向きルーバーについたホコリは、掃除機やクリーナーでふき取った後、かたく絞った雑巾で水拭きします。

 年に数回のエアコン大掃除ではハートクリーニング

ピカリス君ロゴ

自分でできるエアコン掃除をする場合、頻度は原則2週間に1回、汚れがひどかったり、使う時間が長かったりすれば週1回を目安に行いましょう。

自分で掃除できるのはフィルターや外側と限られた範囲だけ。内部を自分で掃除すると、故障の原因となるため、専門のクリーニング業者に依頼するのがおすすめです。 

創業12年目を迎えたハートクリーニングは、忙しい主婦の味方をしてくれるエアコンクリーニング業者です。作業実績数は10万件以上を誇り、2020年には「主婦がおすすめする清掃業者1位」に輝きました。 

エアコンクリーニング代が9,680円で、2台目以降は8,580円。出張費、防カビ・抗菌コートは0円です。予約も取りやすく、もちろん土日も受け付けています。損害保険にも加入しており、万が一のことが起きても安心です。 

お掃除機能付きエアコンなど、他店で断られたエアコンも対応できる高いスキルを持ったクリーニング業者です。また、コスパも優れており、選んで後悔しない業者だと口コミで話題を集めています。

エアコン掃除でお困りの方はハートクリーニングへお問い合わせください。

お電話問い合わせページへ飛ぶボタン
WEB上でのお問い合わせページへ飛ぶボタン

ハートクリーニングのエアコン徹底洗浄はこちら