エアコンが臭い原因と除去方法をご紹介|ハートクリーニング

関東は、もう時期梅雨が開けるのかとても暑い日が続いていますが皆さんのご家庭はエアコンを使い出していますか?

しぶりに付けたエアコンから出る独特のあの臭いに嫌気が指すことはありませんか?

今日は、これからの時期に快適にエアコンを使えるようにするための準備をしていきましょう

エアコンが臭い原因を徹底解説

エアコン臭の大きな原因とは?

エアコンの臭いの原因は、大きく分けると二つあります。

「カビ」「生活臭」です。それぞれ詳しくみていきましょう。

カビ、本体内部の汚れ

エアコン臭の原因は、エアコン内部に発生するカビであることが大半です。

エアコンが温度調整をする際、室内の空気を一旦内部に取り込み、温度を調節した後再び室内に排出しています。

この時に室内に浮遊していたホコリやチリも内部に取り込んでしまい、エアコン起動時に発生する結露の水分と結合することでカビが発生します。

更に、内部は適度な温度と湿度が保たれているのでカビが繁殖しやすいのです。

エアコン内部の掃除を放置すると、循環している空気とともに内部のカビ胞子も放出され、エアコンからするイヤな臭いに繋がります。

カビが多く存在する部屋にいる事で、喘息アトピー性皮膚炎になりやすくなったり、皮膚病を患う原因になったりと人体に悪影響を及ぼすので、カビは早めに対処したいものです。

生活臭

もう一つの原因としてあげられるのは、生活臭です。

焼肉や焼き魚などの臭いの強い料理や汗、タバコ、更にはペットの臭いにも注意が必要です。

また、料理油やタバコのヤニは、エアコン内部の機器に付着し、汚れの原因にもなります。

このように蓄積したホコリ、汚れ、カビ、強い生活臭などが、臭いの元凶となってしまっています。

エアコン臭が沁み付く原因

エアコン臭が沁みついてしまう原因は、エアコン内部の掃除を怠ってしまうことです。

エアコン起動時、「ホコリ」や「生活臭」を含んだ室内の空気はエアコンの内部と室内を循環します。

掃除をせずそのまま放置してしまうとエアコン内部に「カビや汚れ」が発生して臭いの原因になったり、「生活臭」が機器が沁みついてしまう原因になります。

エアコン内部を定期的に掃除することで、エアコン臭が本体に沁みついてしまうことを防ぎましょう。

エアコン臭の対策方法

エアコン臭は、染み付いてしまうと完全に取り除くことはなかなか難しいです。

沁み付く前に掃除をして対策をしていきましょう!

そもそもエアコンの構造とは?

エアコン内部の掃除は危険なので、まずはエアコンの構造について知りましょう。

エアコンは、大きく分けてフィルター・熱交換器・クロスフローファンの3つで構成されています。

そしてルーバーが空気の循環を手助けしています。詳しく見ていきましょう。

daikin

フィルター

フィルターは、室内の空気をエアコン内部に取り込む際の玄関みたいなものです。

室内の空気がエアコン内部と行き来をする際、

空気中に浮遊していたホコリやチリがフィルターに付着します。

先ほども述べた通り、このホコリやチリを放置すると臭いの原因を作ってしまうので

月に一度はフィルター自体の目詰りが無いかを確認してお掃除しましょう。

フィルターのお掃除方法はこちら

熱交換器

熱交換器とは、フィルターを通って内部に入ってきた空気を温めたり冷やしたりする部分です。

いくつもの鉄の板を等間隔に配置して構成されており、その板の間にホコリやチリが溜まってしまうと、

エアコン自体の効果が半減してしまいます。

こまめにフィルター清掃をすることで、ホコリなどの汚れが熱交換器の内部につくことを防ぎます。

クロスフローファン

エアコン内部で温めたもしくは冷やした風を吹き出します。

このファンがグルグルと回ることによって室内が快適な状態になります。

またファンの回るスピードによって風量を調整しています。

ルーバー

エアコンのルーバーとは、エアコンの風向きなどを調整する羽根です。

ルーバーは、汚れが溜まりやすい部分なので気をつけましょう。

エアコンの対策方法:フィルター、カバー、ルーバー洗浄

STEP1 エアコンのフィルター掃除

自分でも簡単に実践できるフィルター掃除を行って、臭いの原因であるホコリやカビを取り除きましょう!

フィルター清掃は、カビの臭い対策だけでなく、電気代の節約にも繋がるので面倒臭がらずに行っていきましょう。

※フィルターが目詰まりしている場合は、無理に取ろうとしたり外側から水などを勢い良くかけるのはNGです。目詰まり悪化やフィルターが破れる恐れがあります。

  1. 掃除機で、フィルターに付着しているホコリを簡単に取り除いてあげましょう。
  2. 汚れが酷かったり付着した料理油が酸化してる場合は、台所などで使用している中性洗剤を薄めてフィルターをつけ置きしましょう。
  3. つけ置き後、水で流しながら柔らかいブラシで撫でるように汚れをとってあげるといいです。
  4. 陰干しでしっかり乾かしてから元に戻して下さい。

STEP2エアコンカバー掃除

カバーについているホコリやカビ、汚れを濡れ雑巾で綺麗に拭き上げましょう。

雑巾の水分はしっかり絞ってくださいね!

ここの掃除を忘れてしまったら、せっかく綺麗にしたフィルターがホコリまみれになってしまいます。

STEP3エアコンルーバー掃除

ルーバーもカバー掃除と同じように、雑巾で水拭きをしてしっかり汚れを取りましょう!
※その後は、乾拭きを忘れずに。

エアコンの対策方法:エアコンクリーニング業者

自分で掃除する事も大切ですが、エアコン内部のカビまでしっかり排除したいのであれば業者さんにお願いすると確実でしょう。

エアコン内部はたくさんの配線や部品などで構成されているため、自分で掃除して故障の原因に繋がってしまっては大変です。

ハートクリーニングは高圧洗浄をするだけでなく、ハートクリーニングでは清掃後に無料で防臭・防カビコーティングを行ないます。

また、小さなお子様やアレルギー体質の方には完全天然植物性洗剤を使用した洗浄も行えます。

エアコンを365日毎日付けているお家は少ないかと思います。

夏や冬など外の気温との差が激しい時ほどエアコンの内部は汚れやすくなるので、是非こまめにお掃除していきたいものですね。

ちなみに、ハートクリーニングではただいまエアコンクリーニングキャンペーンを実施中です!

通常15,180円(税込)のところ今だけ9680円(税込)で行ってます!!

また、2台お申込みの方は2台目以降が8580円(税込)と更にお安くなっています!

是非、夏のオンシーズンに入るこの時期にプロのエアコン掃除をご活用ください!
※予告なく、料金が変更される場合があります。予めご了承下さい。

詳しくはエアコンの徹底洗浄サービス