エアコン室内機・室外機のベストな設置位置は窓の近く!エアコン掃除のプロが解説

引っ越しやエアコンの買い替えのときに、室外機はどこに設置すべきか考えることがあるでしょう。実は、エアコンの室外機は条件を満たした場所にしか設置できないため、どこにでも取り付けられるわけではないのです。

では、室外機の設置条件やベストな設置場所はどこなのでしょうか。

ここでは、エアコンの室外機や室内機の設置位置、よくあるトラブル・効率よくエアコンを効かせるポイントについて解説します。

お電話問い合わせページへ飛ぶボタン
WEB上でのお問い合わせページへ飛ぶボタン

エアコン室外機・室内機は外に面する窓近くに設置するのがベスト

リビングエアコン

エアコンの室外機や室内機は、外に面する窓の近くがベストです。
窓の近くが、室内機・室外機共に設置条件を満たしやすいからです。

設置条件を満たしていなければ、業者に依頼しても取り付けることができないため、注意しましょう。

室外機・室内機それぞれの設置条件を紹介するので、エアコンの設置場所を決める際の参考にしてください。

室内機の設置条件

室内機の設置条件は以下の通りです。

    • 天井・壁との距離が50mm以上あること
    • エアコン用コンセントの近くであること
    • 配管穴より高い位置であること
    • 床から2.4m以内の高さであること
    • 火災報知器から1.5m離れていること
    • 近くで熱や蒸気・油煙が発生しないこと
    • 本体を水平に設置でき重量に耐えられる頑丈な場所であること

参照:Panasonic

火災報知器の近くに設置してしまうと、火災の際にエアコンの風の影響で煙を探知できず機能しない可能性があるため、十分注意しましょう。

室外機の設置条件

室外機の設置条件は以下の通りです。

    • 前方や上方に障害物がないこと
    • 壁室外機の左右に十分なスペースがあること
    • 安定した場所であること
    • 直射日光が当たらない場所
    • 風通しがいいこと
    • 振動や音が響きにくい場所

とくに、気候に関係なく安定的にエアコンを使用するために、直射日光を避けることはポイントです。日当たりがいい場合は、すだれなどを利用して日陰を作る工夫をするといいでしょう。

エアコン設置に関するよくあるトラブル

エアコンのサイズ

ここではエアコン設置の際、よく起こるトラブルを紹介します。

    • エアコンのサイズが大きすぎる
    • 設置場所の強度が不十分

それぞれのトラブルについて、もう少し詳しく解説します。

エアコンのサイズが大きすぎる

エアコンの性能やデザインによって、さまざまなサイズがあります。そのため、きちんと設置場所とエアコンのサイズを測っておく必要があります。設置スペースが不十分なためにエアコンを取り付けられないケースがあります。

特にカーテンレールにぶつからないか、扉やクローゼットの開け閉めに支障ないかという点は、しっかり確認しておきたいポイントです。扉にぶつかる場合は、戸あたりを使ってぶつからないように工夫してもいいでしょう。

設置場所の強度が不十分

エアコンの設置場所は、エアコンの重さを支えられる場所である必要があります。

一般的な設置場所であれば問題ないケースが多いですが、注意が必要なのは配管穴があいていない箇所に設置する場合です。配管穴がなくても業者が穴を開けて設置することは可能です。しかし、壁に穴を開けることで建物の強度が著しく低下する場合や、オーナーや管理人の許可がおりない場合には穴を開けることができません。

配管穴が開けられないとなると、その場所にエアコンは設置できないので事前に確認しましょう。

エアコン効率をよくするためには?

エアコン効率

エアコンを効率よくするために、知っておくべきポイントがいくつかあるので紹介します。

    • 部屋の広さ
    • 部屋の短辺に設置する
    • 室外機と室内機を近くにおくこと
    • フィルターの掃除を定期的行うこと

部屋の広さ

エアコンを選ぶ際は、部屋の広さにあったものを選ぶことが大切です。

部屋の広さにあった性能のエアコンを選ばなければ、エアコンの本来の機能を発揮できないでしょう。

部屋の短辺に設置する

部屋の形が長方形である場合は、短辺の壁に取り付けた方が素早く部屋全体に風が行き渡ります。

基本的にエアコンから出る風は前方に向かって流れます。長辺にエアコンを取り付けると、冷えにくい・温まりにくい箇所ができてしまい、稼働効率が悪くなるでしょう。

室外機と室内機を近くに置くこと

室外機と室内機は配管を通じて空気を回しています。そのため室外機と室内機の距離が遠く、配管が長いとそれだけ空気を送るのに時間がかかります。また配管が長い分、配管内の空気が外気の影響を受けやすいというデメリットも考えられます。

配管を短く、つまり室外機と室内機をできる限り近くに置くほうが、エアコンの稼働効率も上げることができるのです。

エアコンの掃除を定期的に行うこと

急にエアコンの効きが悪くなってきたと感じる場合、エアコンのフィルターやファンに汚れが詰まっている可能性があります。汚れが溜まっていると、空気をうまく排出できないため、エアコンの効き目が悪くなります。

特にフィルターにはホコリが溜まりやすいので、定期的に掃除するようにしましょう。

ただしエアコン内部の清掃は素人には難しく、故障の原因になりかねないので、内部まできれいにしたい場合はプロの業者に依頼することをおすすめします。

お電話問い合わせページへ飛ぶボタン
WEB上でのお問い合わせページへ飛ぶボタン

ハートクリーニングのエアコン清掃サービスはこちら