エアコンの気になる電気代、冷房とドライではどちらが安い?

部屋の湿度を下げるエアコンのドライ機能。梅雨のジメジメした時期や初夏などに活躍しますよね。

エアコンの電気代を節約するために、冷房ではなくドライを使う人も多いのではないでしょうか。節約のつもりでドライを積極的に使っていたけれど、実はドライの方が電気代が高くなるケースもあるのです。

ここでは、ドライと冷房どちらの電気代が安いのか、ドライの種類や仕組み、具体的な金額比較をしながら解説していきます。

お電話問い合わせページへ飛ぶボタン
WEB上でのお問い合わせページへ飛ぶボタン

エアコンの「ドライ」には2通りある

エアコンドライ

実は、冷房とドライどちらの方が電気代が安いかは、ドライの種類によるのです。

ドライには以下の2種類があり、仕組みが異なります。

  • 弱冷房除湿
  • 再熱除湿

どちらのドライを使っているかによって電気代も異なるため、まずは2つの違いを理解しておきましょう。

弱冷房除湿

基本的にドライは部屋の湿った空気を冷やすことで水滴を集め、乾いた空気を送り出します。

「弱冷房除湿」は、この乾いた冷たい空気をそのまま送り出す機能です。

冷気のまま送るため、室温は少し下がるのが特徴です。

室温をさげつつ、湿度も下げる

室温が下がるといえど、冷房ほどの威力はなく、少しずつ室温が下がっていきます。

除湿をしながら室温も下がるため、梅雨のジメジメしていて、かつ蒸し暑い時期には重宝する機能でしょう。

再熱除湿

もう一つのドライである「再熱除湿」も、部屋の湿った空気を冷やすことで水滴を集め、乾いた空気を作るところまでは同じです。

しかし再熱除湿は、この乾いた冷気を、温めてから送ります。そのため、室温が下がることなく、湿った空気だけを取り除くことができます。

室温を下げることなく、湿度だけを下げる機能

梅雨時だけでなく、雨が多い寒い時期や部屋干ししたい時にも活用できるでしょう。

冷えた空気を温める必要があるため、弱冷房除湿よりもエネルギーが必要となり、電気代も高いです。

冷房の特徴

エアコンドライ運転

では、冷房とドライはどのように違うのでしょうか。

部屋の空気を冷やして送り出すという点では弱冷房除湿と冷房は共通しています。

しかし、ドライは基本的に部屋の湿度を下げることを優先としているのに対し、冷房は部屋の温度を下げることを優先にした機能です。そのため、冷房は部屋を冷やし続け、、弱冷房除湿は一時的に冷やしているだけで部屋を冷やし続けることはしません。

そのため弱冷房除湿と冷房では、冷房の方が空気を冷やし続けるため電気代が高くなります。

冷房とドライではどちらが安いのか?

電気代

ここまでの説明では、ドライの2種類の中では再熱除湿の方が弱冷房除湿より電気代が高いこと冷房の方が弱冷房除湿よりも電気代が高いことを説明しました。

再熱除湿と冷房では、再熱除湿の方が電気代が高いです。なぜなら、空気を冷やすよりも温める方がエネルギーが必要となるためです。

つまりドライと冷房どちらが安いかは、以下の通りです。

弱冷房除湿<冷房<再熱除湿

では、実際にかかる電気代を比較してみましょう。

具体的な電気代を比較

東京電力によると、24度設定で1時間稼働させた場合、それぞれの料金は以下のようになっています。

室温24℃設定

冷房

11.0円(1時間)

弱冷房除湿

4.1円(1時間)

再熱除湿

14.9円(1時間)

具体的な金額を見ると、弱冷房除湿は冷房の約3分の1なのが分かります。。

そのため、冷房の代わりに弱冷房除湿のドライを使うことは、大きな節電効果があるといえるでしょう。

また、部屋を涼しくしたい場合、1度設定温度を高くするだけで13%の電力を削減できるのです。

本格的な暑さに入る前までは、弱冷房除湿で設定温度をいつもより1度上げると、かなり電気代を抑えることができるでしょう。

また冷房や除湿の効きがイマイチ良くないと思ったら、一度フィルターなどにホコリが溜まっていないか確認することをおすすめします。汚れが溜まっていた場合、清掃するだけでエアコンの稼働効率がぐんとあがります。ただし、エアコン内部の清掃は故障や事故のリスクがあるため、プロの業者に依頼した方が良いでしょう。

お電話問い合わせページへ飛ぶボタン
WEB上でのお問い合わせページへ飛ぶボタン

ハートクリーニングのエアコン清掃サービスはこちら