賃貸物件のエアコンクリーニングに関する費用負担は大家さんに相談しよう!

エアコンから発生するカビ臭など嫌なニオイを解消するために、「エアコンクリーニングを頼みたい」と考えている人もいるでしょう。

しかし、エアコン付きの賃貸物件に住んでいる場合、「エアコンクリーニング費は誰が負担するの?」と悩んだことはありませんか?
また、エアコンクリーニングをするには、大家さんや管理会社への連絡が必要なのかどうかなどについても、気になるところだと思います。

そこで今回は、賃貸物件のエアコンクリーニング費は誰が負担するのか、大家さんへの相談は必要なのか、などについて詳しく解説します。

エアコンクリーニングの相場、業者の選び方、退去時のエアコンクリーニングについても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

お電話問い合わせページへ飛ぶボタン
WEB上でのお問い合わせページへ飛ぶボタン

賃貸物件のエアコンクリーニングは必ず事前に相談を!

賃貸物件事前に相談

賃貸物件は、エアコンが備え付けられている場合と、自身で購入して設置する場合の2通りがあります。賃貸物件でエアコンクリーニングを行うときは、どちらの場合でも大家さんや管理会社へ事前に相談することが必須です。

相談なしでエアコンクリーニングを行ってしまうと、思わぬトラブルに発展する可能性があるので、注意が必要です。

では、なぜ相談しなければいけないのかについて、それぞれの立場から詳しく解説します。

大家さんに相談するべき理由

エアコンが備え付けの賃貸物件の場合エアコンの所有者は大家さんや管理会社です。そのため、エアコンを管理する義務は大家さんや管理会社にあり、エアコンクリーニングは大家さんや管理会社が行うのが通常です。エアコンクリーニングだけではなく、故障などエアコンに関する全てのことは、部屋の備蓄の管理権を持つ大家さんや管理会社が責任を持って管理します。

このようなことから、独自でエアコンクリーニングを行うことは禁止事項であり、必ず大家さんや管理会社への相談が必要です。

自身で購入したエアコンのクリーニングについて

自身で購入して設置したエアコンでも、エアコンクリーニングを業者に依頼するときは、大家さんや管理会社への連絡が必要です。

「自身が設置したエアコンだから、大家さんへの連絡は不要」と考える人も多いですが、エアコンクリーニングの作業中に業者が誤って住居に傷を付けてしまう可能性があるため、事前に相談しておく必要があります。

相談せずにエアコンクリーニングを行い、その際にできてしまった住居への傷が発生した場合、後に大家さんとの間でトラブルの元となる可能性があるので、必ず連絡しておきしょう。

 

賃貸のエアコンクリーニングの費用は誰が負担するの?

賃貸エアコンクリーニング

賃貸物件のエアコンクリーニングをする場合は、備え付けであっても、自身で購入したエアコンであっても、大家さんや管理会社への相談が必要であることはお伝えしました。

では、エアコンクリーニングの費用は、誰が負担するのでしょうか?

賃貸物件のエアコンクリーニング費の負担については、賃貸借契約書の内容や責任範囲などによって異なるため、詳しく解説します

賃貸借契約書を確認しよう

賃貸物件を契約するときは、必ず賃貸借契約書」が交わされます。賃貸借契約書には、備品の修繕費などについて掲載されているので、確認しておきましょう。

例えば、「入居中に備品の修理やクリーニングが必要になった場合の費用は入居者が負担すること」などといった内容が記載されています。

契約するときには、賃貸借契約書に掲載されている内容を確認してから契約のサインをし、その時点で費用の負担はだれがするのかが分かるので、しっかり確認して覚えておきましょう。

責任範囲

賃貸物件の責任範囲については、民法606条が大きく関係してきます。

第606条

  1. 賃貸人は、賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務を負う。ただし、賃借人の責めに帰すべき事由によってその修繕が必要となったときは、この限りでない。
  2. 賃貸人が賃貸物の保存に必要な行為をしようとするときは、賃借人は、これを拒むことができない。

引用元:WIKIBOOKS

賃貸物の使用および収益に必要とする修繕は、大家さんに責任があり、費用は大家さんが負担します。しかし、賃借人(入居者)の管理不足で修繕が必要になった場合は、賃借人の責任となり、費用は賃借人の負担となります。

つまり、入居者がエアコンのフィルター掃除など、自身でできる範囲の管理を怠ったなどといった理由でエアコンクリーニングが必要となる場合の費用は、入居者の負担となります。

入居タイミング

エアコンクリーニングの費用負担は、入居のタイミングによっても変わってきます。

入居してすぐにエアコンからカビ臭などがする場合は、入居前のクリーニングが不十分であることが明らかなので、費用は大家さんの負担となります。(入居後すぐの目安は、入居から半年程度までの期間を指します)

入居のタイミングが春や秋など、エアコンを必要としない時期に入居した場合、エアコンを稼働させる時期まではカビ臭などに気が付きません。確認のためにも、入居後はすぐにエアコンを稼働させて、カビ臭や故障などがないか、点検しておきましょう。

退去時のエアコンクリーニングについて

退去時エアコンクリーニング

退去時のエアコンクリーニングは、基本的に大家さんや管理会社が行うため、入居者は費用の負担もないのが通常です。ただし、以下に該当する場合は、入居者が退去時にエアコンクリーニングを行う必要があります。

  • 入居中にエアコンのフィルター掃除など自身でできる範囲のメンテナンスを怠ったことが原因で汚れがひどい状態
  • 喫煙によるヤニ汚れは入居者の責任となり、退去時にエアコンクリーニングが請求される場合がある
  • 賃貸借契約書に「退去時のハウスクリーニングは入居者が負担する」などの記載がある場合

賃貸物件の場合、備え付けのエアコンは、きれいな状態を保つことが求められます。

そのため、自身でできるエアコンのフィルター掃除は、2週間に1回程度の掃除をすることが望ましいです。入居中に自身でできる範囲のエアコン掃除を怠ると、ホコリやカビなどがたまりすぎてしまい、退去時にエアコンクリーニングを請求される場合があるので、注意が必要です。

上記以外でも、退去時に入居者がエアコンクリーニングをしなければならない状況があるかもしれないので、退去時のエアコンクリーニングについては、早めに大家さんなどに詳しく聞いておきましょう。

もしもエアコンのクリーニング業者を呼ぶことになったら

エアコン業者

賃貸物件であっても、入居者がエアコンクリーニングをしなければならない場合があることは、お伝えした通りです。

エアコンのクリーニング業者を呼ぶことになった場合に気になるのは、費用と業者選びではないでしょうか。

そこで、エアコンクリーニングの相場と業者選びのポイントについて、詳しく解説します。

エアコンクリーニングの相場

エアコンクリーニングの費用は、掃除する内容やエアコンの種類などで異なってきますが、賃貸物件で一般家庭用のエアコンなら1台約1万円です。

お掃除機能付きエアコンの場合は、1台約2万円弱が相場です。

クリーニングするエアコンの台数が増えると、若干安くなる傾向ですが、1台分の相場を台数分プラスした金額になると認識しておきましょう。ちなみに、室外機のクリーニングの相場は、約4,000円です。

エアコンクリーニング業者を選ぶポイント

エアコンクリーニングの業者を選ぶポイントは、以下の通りです。

【エアコンクリーニング業者の選ぶポイント】

  • 作業内容の記載と明瞭な料金設定
  • 損害賠償保険があるか
  • エアコンクリーニングの実績が豊富
  • 信用できる口コミの掲載がある

エアコンクリーニングを行っている業者のホームページを見てみると、料金や作業内容などが掲載されているかどうかを確認できます。損害賠償保険があるのかどうかなど、ホームページだけでは確認できない場合は、電話で聞いてみましょう。

まとめ

まとめ

賃貸物件でエアコンクリーニングをする場合は、備え付けであっても、自身で購入したエアコンであっても、大家さんや管理会社への連絡が必要です。エアコンクリーニングの費用負担については、賃貸借契約書に掲載されているので、確認しておきましょう。

ハートクリーニングでは、エアコンクリーニングも行っており、格安で提供しています。料金が安いだけではなく、なんと出張費や防カビ抗菌コートが無料です。

賃貸物件のエアコンクリーニング業者をお探しの人は、気軽にご相談ください。

お電話問い合わせページへ飛ぶボタン
WEB上でのお問い合わせページへ飛ぶボタン

ハートクリーニングのエアコンクリーニングはこちら