エアコンのフィルター掃除は水洗い?掃除機?プロが徹底解説

夏の冷房や冬の暖房でエアコンを利用される方が多いと思います。

しかし、汚れたままに放っておくと生活に支障がでたり健康被害などにも影響がでます。そうならない為にも快適にいつでも気持ちよく使うためには、エアコンフィルターの掃除が欠かせません。

今回はエアコンのフィルター掃除に着目して掃除しないとどのような影響があるのか、掃除するのに必要なものからお掃除方法まで詳しくご紹介します。

お電話問い合わせページへ飛ぶボタン
WEB上でのお問い合わせページへ飛ぶボタン

エアコンフィルターが汚れていると起こること

エアコンフィルター

エアコンフィルタ―には室内から空気を吸い込む際に空中に飛んでいるホコリやゴミをキャッチする役割があります。

エアコン内部の中では特に汚れやすい部分となり、汚れたままにして置くとどういう悪影響があるのかご紹介します。

電気代が高くなる

エアコンは室内から吸い込んだ空気を内部で冷やしたり温めたりして、再び室内に風を送ります。

その際にホコリやカビなどがフィルターに詰まっていたりすると、エアコンの効きが悪くなりより多くの空気を吸い込んで出そうとするので、綺麗な時以上に負荷がかかり、結果的に電気代が高くなります。

カビが発生して体調不良を引き起こす

エアコンを運転させると、熱い空気と冷たい空気が触れ合い結露が発生します。

毎日使用するエアコンに結露が発生すると、湿度は80%を超えます。

そしてカビが繁殖するのにエサとなるのが、ホコリなどの汚れです
湿度が高いエアコン内部にホコリが発生しているとカビが大量発生してしまい、カビの菌が含まれている空気を吸い続けることで、体調不良になります。

・アレルギー性鼻炎
・アレルギー性皮膚炎
・肺炎
・夏型過敏性肺炎
・呼吸器系疾患
抵抗力の弱い高齢者や赤ちゃんがいるご家庭は、特にカビの繁殖には気を付けていただき、体に影響する健康被害を受けないためにも掃除を行うことが大切です。
 
 

エアコンのフィルター掃除に必要なもの

掃除道具

エアコンフィルターを掃除するにも何を準備すればいいの?と思う方もいると思います。
そこで、エアコンフィルター掃除に必要な道具や用途をご説明します。

・掃除機
・使い古しの歯ブラシ
・タオル
・新聞紙

エアコンフィルター掃除をする場合は、あらかじめ必要な物を準備するようにしましょう。

  • 掃除機➡フィルターのホコリを吸い取るため

  • 使い古しの歯ブラシ➡水洗いでフィルターの汚れを書き出すため

  • タオル➡フィルターの水分を拭き取るため

  • 新聞紙➡床が汚れないように下に敷くため

この他に、カビがあったことも考えてゴム手袋とマスクを用意することをおすすめします。

手順①エアコンフィルター掃除の手順

エアコンフィルター掃除機

まずは、フィルターを取り外して敷いた新聞紙の上に表側を上にして置き、掃除機で全体のホコリを吸い取ります。

このときに裏側から吸ってしまうと、表に出ようとしているホコリを吸い戻してしまい、吸い取りにくくなってしまうので表側から吸うように気を付けましょう。

また、長年フィルターの掃除をしてない場合は、とんでもない量のホコリがついている場合があるので、取り付けた状態である程度のホコリを掃除機で吸ってから外すことをおすすめします。

手順②水洗いでフィルターを洗浄

フィルタ―お風呂場で水洗い

次は、水洗いで汚れを落としていきます。

お風呂場など汚れてもすぐに洗い流せる場所で行うようにしましょう。

エアコンの風はフィルタ―の裏側から表側に流れるので汚れも裏から表へ出ようとしており洗い流す時は掃除機の時とは逆で裏側から水を流します。

その次に、歯ブラシを使って汚れを表側に書き出すように行うことによって汚れ落としもスムーズです。

また、これでも汚れが落ちない場合は中性洗剤を水で薄めて柔らかい歯ブラシでそっと洗ってみると落ちます。

手順③フィルターをしっかり乾かせる

フィルタ―を日乾し

汚れを取り洗い終えたら、フィルターを傷めてしまわないようにでタオル優しく拭き取り、日陰で干しましょう。

半乾きのままだとカビの原因になるので完全に乾かすことがポイントです。

そして、完全に乾いたら本体に戻して大丈夫です。

今回はエアコンフィルター掃除ついてご紹介しましたが、エアコンを頻繁に使用する場合は2週間ごとにフィルター掃除をするのが効果的だと言われています。

こまめにエアコン掃除をして快適に生活できる環境を作って行きましょう。

お電話問い合わせページへ飛ぶボタン
WEB上でのお問い合わせページへ飛ぶボタン

ハートクリーニングのエアコン徹底洗浄はこちら